FC2ブログ
無実の始人
百合ん百合んな小説サイトwメインはリリカルなのは  苦手な方は華麗にターン
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
あなたを探しに 9話






変わる言葉

送る言葉









追記より「あなたを探しに 9話」です♪











********************
あなたを探しに 9話
********************






ゴンドラが海に向かって浮かんですぐなのはは呟いた。

「ヴィヴィオ…大丈夫かな?」

二人にはあの幼い子が気を使ってくれたのはわかっていた。だが、一人旅立った地上に置いてきてしまったことはかわりない。
親として、なのはが心配そうな目で下の方に目をやるが、どうやらヴィヴィオが手をふったらしく、笑顔でそれにこたえながら手をパタパタとしていた。

フェイトも少し体を前に出して、ヴィヴィオーと聞こえないのも承知で小声呼び、笑顔で視線を交わす。
だが、せっかくヴィヴィオが私になのはと二人きりの時間を作ってくれたのだ。これを20分間続けていても全く意味はないだろう。
スッと体をひいて、普通に座る態勢に戻すと、なのはも横目でそれに気づいて元の姿勢に戻った。
「なんだか…照れちゃいますよね…」
自然な笑いというより、自然と釣り上がってしまった頬を普段どおりにに戻そうとした顔が結果的に微笑んでいるように見せていた。





お互い、無駄な仕草も多くなったのが目立ってきたのは、観覧車が4分の1をすぎたころ。

「フェイトさんは…、あなたの記憶が無くなっちゃった私と一緒にいて…たのしいですか。」

一線だけ残った夕日と、その手前に広がった夜景の始まりを観ていたなのはの表情がふとさびしげに変わる。

「やっぱり、さみしいですよね。だって、私は今までフェイトさんが見てきた高町なのはじゃないんですから。」

どうやら、すこし自虐気味でもあるらしい。自分は、フェイトのことを知らないから、今までの自分じゃないんだって。だから、フェイトは自分といて楽しいわけじゃないんだって。

でも、勝手に人の心を仮定するのはよくないよ、なのは。



「私は…確かにさみしくないって言ったら嘘になる。でも、私は今のなのは達といて楽しいと思ってるよ。」
いつのまにか、フェイトの視線も真正面のなのはから窓の夜景に移っていた。
それとは正反対に、なのははこちらに視線を向け直す。

「昔のなのはも好きだけど、今のなのはだってちゃんと…」
いいかけてそこでギリギリ止める。この後続くのはもちろん「好きだよ」という言葉。

だけど、それは前者と同列に扱える意味じゃない。

フェイトが”好き”なのは、前のなのは。今まで10年間一緒に生きてきた、フェイトの生きる意味にさえなった少女。
だけど、眼の前にいるひとは…なのはだけど今までフェイトの”好き”という気持ちを受け取ってくれていた部分が抜けてしまった人。





好きだよ…でも、それは前のなのはとは少し違う大切さ。


確かに彼女という存在には何度も何度も惹かれてしまう。でも、それは記憶がないだけで、性格も顔も仕草もすべてが変わってないから。



一緒にいて楽しいと思うけど、今の彼女には2つの違う意味での「好き」という言葉を並べて使える自信がない…
”好き”と好きはイコールで結ばれないから。一緒に使ってしまったら、その2つの”好き”が同列の意味になってしまう気がして…





フェイトが言葉を濁したことで、どうなのはがとったかはわからない。
プラスととったか、マイナスととったか…
「そ、そうですか…」
目の前の彼女はそう呟いて、また黒い海の中のイルミネーションへと、眼尻を下げながら眺めていた。







*************







なのはの記憶が無くなったのは、ある意味ではチャンスだった。
ミッドチルダでは、同性の結婚が許されて数年経つが、まだ人々の偏見はぬけきっていない。
確かに、法が制定されてからはかなり理解者も増えてきたが、それでもまだまだ全員理解は難しかった。




そして、日本では…
日本ではまだ同性婚は許されていない。ゆえに、なのはの父司郎や、母桃子の理解されるかわからない状態である。
なのはは、フェイトと一緒になることが自分の親に喜ばれない結婚なのかもしれなかった。


だけど、フェイトは指輪…結婚指輪を買ってなのはにプロポーズしようと思ったのだ。


家族として、これからも側にいていいですか?



彼女に伝えたかった。
だけど…






なのはは、フェイトのことを知ってるなのはじゃなくなってしまった。








本当のことを伝えるには、リスクが大きすぎる。










「フェイトさん…もう一度聞いていいですか?」










彼女が愛してくれた自分は、今のなのはの中にいない。













「あの時は、うまく聞き取れなくて…」













だったら、彼女が後ろ指をさされない…周りに気兼ねしなくていい人生を歩んでほしい。


















「だから…」














だから…















「私が記憶を失くす前の、私たちの関係を教えてください」























「…私の大切な人だった…大好きな親友だよ」

















なのはは喉で声を鳴らした。
数秒あけて、



「…そうです…よね…」


自嘲気味に笑う彼女。
たった数か月前に、フェイトのことを知った彼女がそんな風に笑うなんて想像していなかった。
自分で自分をつまらぬものとして軽蔑することが、その表情の意味だ。



今のなのはが自分のことをどう思っているのか少しわかった気がした。





でも、できるなら…
自分がどれだけ傷ついてもいい…
今、先の言葉を発して心臓の下の方を締めつけられるような痛みと、比較にならないくらいのものがきたって構わない。
彼女がイヤな思いを一切しない恋を見つけてほしいんだ。
自分じゃ、きっとそれは叶えられない。
















「これからも、親友としてずっとなのはの隣にいたい。」













プロポーズの言葉は、形を変えて送り主に無事届いた。




ゴンドラは銀河の天頂をすでに通りすぎていた。
















スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*5 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● そっちですかぁぁぁぁぁぁぁぁぁーっ!!!!?
魔ぎゅなむ | URL | 2008/12/07(日) 13:02 [EDIT]
 がはぁっ!!!!!(膝を折る
 く、や、ヤヴァい……フェイトさんがネガティブモードになっている……本当に素直にならない人ですね。
 そして、なのはさんの幸せや、士郎パパンたちの気持ちをフェイトさんも勝手に仮定していますよね。
 そういうのはどうかなと個人的には思いますが、フェイトさんにとってはそうなんでしょうね。
 難しいなぁ……。
 でも、最後はきっとHappy ENDになるって僕信じています!!! ……なってくれるかなぁ(遠い目&号泣
 それでは、これからも頑張ってください。応援しています。では、また。

ルファイト | URL | 2008/12/08(月) 05:32 [EDIT]
鬱展開の匂いがプンプンするぜぇ!!

フェイトはプロポーズするとか言っておきながら周囲の目を気にして関係をリセットする
結局逃げたのか……と思ってしまいました

この後
フェイト行方不明

なのは達記憶戻る

なのはフェイト捜索

フェイト瀕死状態で発見

ここまで幻視した

吉野 | URL | 2008/12/08(月) 22:25 [EDIT]
<まぎゅなむ様♪

そっちでしたwwフェイトさんは、たまに思いつめてネガティブになっちゃうんですよ><ホント素直になればいいのに…(うちがそれをいうかwww
ネガティブモードのフェイトさんはいつも妄想もマイナス方向にいっちゃいますからね(´・ω・`)司郎パパたちは絶対賛成派ですよねっwwwフェイトさんにもきっとまた巻き返しがあるさ!気持ち的な面でww
最後はもうどうするかはっきり決めてますよー!w前回のように2ルートにはならないんだぜ☆どっちにするかはまだ内緒でww

素敵コメントありがとうございましたー♪


>ルファイト様♪
だって、管理人が鬱な話が大好ry←
え?なんでもない、なんでもないですよwwww

相手が大好きだから、隣にいる自分に不安になることはあると思うんですよw
でも、観覧車はまだあと半分弱ありますからねw

最初にそうしようと思ったストーリーの方を推測されましたねwww似た部分もありますが、そんな風にはいかないんですーw(*´∀`*)

素敵コメントありがとうございましたー♪

水面の月 | URL | 2008/12/10(水) 01:00 [EDIT]
そこで距離をおいちゃうんですか・・・
フェイトさんらしいと言えばフェイトさんらしいですけど、読んでるこっちはすごいもどかしい気持ちになります><

そして今度は、なのはさんがフェイトさんに猛烈アタックするに1票!!(きっとないでしょうけど^^;

これからの二人がすごく気になります><
なので、次回も楽しみに待たせてもらいます。
ではではー

吉野 | URL | 2008/12/12(金) 02:33 [EDIT]
>水面の月様♪
フェイトさんらしすぎてもどかしくなりますよね><うちもきっと読者なら、もどかしすぎて「フェイトォォォォォォオオ!」と叫んでますよwww

この先の展開はまだ言えないんですぜ☆だから、もしかしたらきっとないと思ってることもあるかもしれませんよーwwwwwwww

これからの二人はどうなるか…
次回も頑張ります!w

素敵コメントありがとうございましたー♪

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 無実の始人. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。