FC2ブログ
無実の始人
百合ん百合んな小説サイトwメインはリリカルなのは  苦手な方は華麗にターン
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/07/02(水)   CATEGORY: ゆかりなな
いつもそこに
たなばたやー(何だ


ちょっと、七夕ssをゆかりななで書いてみました(´∀`)

ちなみに今回、谷川流せんせーのように書いてみようとした痕跡がところどころありますww


んでもって、この短編結構短かったり?
…いや、短い!短いです!!


ホントね、過度な期待はしないで見やがってください(千秋かww



追記より、ゆかりななで「いつもそこに」です



**********
いつでもそこに
**********




「ゆかりさん、今日雨ですね。」
窓にベタっと張り付いて、奈々ちゃんは私の部屋から外を眺めている。
「せっかくの七夕なのに、なんでこうも毎年毎年曇りか雨なんでしょうね?」
「うん、そうだね。」
そっけない返事をする私を、奈々ちゃんはつまらなそうな目で抗議をする。
いやね、私もつまんない訳じゃないんだけよ?ただ、興味がないだけで…
「どっちも一緒です。」
プイっと膨れて奈々ちゃんは、私に背を向けてしまった。



まぁた、この子は乙女な事でも考えてるの?
今日は七夕なんですよー!私達も神話になるような恋をしませんかー?
とか言いながら、そのうち尻尾振りながら甘えてくるでしょ?




「はぁー。」
前言撤回。
今日は、いつにもまして何考えてるかわからない…。
甘えてくる雰囲気もゼロで、ボーっと空だけ見てる。
私を放置してまで…。

あ゛ーなんか、ム…イライラする。


いつも、ベッタベッタ甘えてくるのに今日は近くにさえこない。
なにかあったのかな?
私をほっとくなんて、相当なことなんでしょうね?





「奈々ちゃ…」
「ゆかりさん。」
奈々ちゃんは、窓の外ををみたまま、私の言葉を遮る。
「織姫と彦星はまた今年も会えないんですか?」
「?」
「私、東京にきてから七夕はずっと雨か、曇りな気がするんですよ。
私は、こうやって、いつでもゆかりさんに会えるけど、織姫と彦星は一年に一回。その日が雨か曇りならまた来年。
なんか、私って幸せすぎる気がして…。」



















みなさん、聞いてください。今、ゆかりの前には3枚のカードがあります。
1枚目 後ろから抱き締める。
2枚目 「まじうざい。」と罵倒する。
3枚目 「バカ。」といいながら、後ろから抱き締める
どうするよ?自分…





















「バカ…。」
私は奈々ちゃんの後ろに立って




彼女の肩に手を置いた。





(奈々ちゃん、ヘタレなゆかりを許してね…)






「奈々ちゃんは、私に年に一回しか会いたくないって言うの?」
「違います…っ!」
奈々ちゃんは、振り返って私の胸に頭をうずめた。
「会えるときは、いつでも会いたいです。」
「うん、私も…。
神話みたいな恋じゃなくてもいいから、好きな人といつでも一緒にいたい。
…奈々ちゃん、ちょっと、淋しくなっちゃったんだね…」
私は、ポンポンと背中を叩いてあげた。












今日は、7月7日。


ちょっとだけ甘えさせてあげる…












だって今日は、奈々の日なんだもん。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

キリル | URL | 2008/07/04(金) 10:47 [EDIT]
うはぁwww甘すぎだぁww
ヘタレだからこそ甘い話が成り立つのですよw(待て
晴れてる日の場合も見てみたい気がしまs(ry
2本目もニヤニヤしながら楽しみにしてますw

吉野 | URL | 2008/07/04(金) 21:37 [EDIT]
ゆかりななには、初々しいネタを!!というのが、私のモットーでしてww
ヘタレサイコーww(コラコラ 

晴れの日verですか…。そしたら、たぶんななゆかりになっちゃいますが、いいですか??

二本目…挫折しました(テヘ☆ww
課題が、かなりこの2日ででまして…。残りは、なのフェss1本のみとなりそうです(泣
ほんと、すいません…(土下座

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 無実の始人. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。