FC2ブログ
無実の始人
百合ん百合んな小説サイトwメインはリリカルなのは  苦手な方は華麗にターン
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
あなたを探しに 15話 b
誰か私にダブルラリアットをかましてください!!←
約束していた時間ぶっちぎっての更新ですいません><
チョコのように甘くないので、苦手な人はリターンw

************************




染まる。
何色に?
君の色に。





追記より、「あなたを探しに15話 b」です♪







そろそろ、フェイトの乗ったこの電車も最寄りの駅につくというころだった。
こちらについてから振り続ける雨は、まるでシャワーのようで、進む電車の窓が弾く量はそこまで多くなかった。
(あと…ちょっと)
あとちょっとで、なのはに会える。家まで帰ればヴィヴィオもいる。
ヴィヴィオには、ゆっくりと二人で今回調べた結果を話さなくちゃ。喜べる結果かどうかはやっぱり微妙だけど、ユーノ達が一生懸命調べてくれた結果なのだし、納得はしてもらえるだろう。
『次はー、クータ駅。クータ駅です。左側のドア開きます』
電車の中にアナウンスが入る。それを聞いて、本を読んでいた人は鞄にそれをしまったり、ごそごそとみんな動き始めた。



電車から降りたのは結構な数の人で。やはり終電も近いし、飲んだ人が自宅に帰っていくのだろう。
フェイトはその波が、改札へ続く階段に吸い込まれていくのを待って動き始めた。なのはがいたら、見つけやすいように。
(なのは達に渡す書類はもったし…)
ゴソゴソと鞄の中身を確認しているうちに、構内の人はまばらになった。
よし、行こう。
フェイトも、その波を追いかけるかのように階段を下りて行った。

階段を下りた先にある改札口には…
なのはの姿はまだなかった。
「あれ?まだきてないのかな?」
ポリポリと頭をかく。アバウトな時間で指定してしまったからかな?
トンっと、近くにあった広告ポスターの貼られた柱に背をあずけて、どこからかフェイトを呼ぶ声がしないかと期待する。
しばらく、待ってもいいかな?
白い息を吐きながら、ゆっくりと眼を閉じた。
(ん~でも、なのはが通ってくる道は知ってるし、その道通って帰っちゃうか…)
家に帰る道は結構な大通りだし、食べ物屋も何軒かはまだやっているであろう。だから、駅近くにいてもいなくてもそうは変わらない。
フェイトはもう一度よくまわりを見渡すと、駅をでていった。











(あー、フェイトちゃん待ってるかな…)
小走りでまだ車の通りの多い道をなのはは行く。正確な電車の到着時刻の連絡はこなかったし、自分の方が遅れているかも。
早くついてしまう分にはいいのだ。彼女が改札をでてくるときに、お疲れ様って言えるから。
「1時…ちょいすぎか…」
早めにフェイトが乗っていたら、ちょうど遅刻している時間だ。あと駅まで600mという看板がみえ、少し走る速度をなのはは上げた。

その指には、銀の指輪をつけて。

これをつけて迎えにいって、フェイトを驚かしてやるのだ。「私もらっちゃったから、もう返さないよ」って、プロポーズのような言葉も伝えたい。
傘という防御をくぐり抜けてきた雨粒が、なのはの薬指にあたる。
駅まであと少し。
なのはは信号のついた大きな交差点の角を曲がり、最後のストレートへやってきた。
ラストスパートをかけようと数歩進むと…

なのはの動きは急に止まった。

車道の反対側に、傘もささず…いや、もっていなくて今から自分が届けるのだからしかたないが、揺れる金の髪の女性がいたのだ。
「フェイトちゃん!ごめん、遅れちゃって」
思わず、大声で叫ぶ。
「あ、なのは!」


なのはは、車道反対側のフェイトが駆けだしそうになったのを察知して。
「フェイトちゃん、そこにいたままで聞いて!」
車の音に負けないように、彼女を静止させた。

自分を勇気づけるかのように、左手薬指の指輪をみて、深呼吸。
伝えるのは、あの言葉。ここにくるまでずっと考えていた…

「フェイトちゃん、これみて!」

車道の反対側にも聞こえるように大きな声をだし、左手を掲げる。
今は赤信号。間に隔たる騒音はない。
「これって…?」
「薬指!」
ジッとこちらを観察するような目でみると、ハッとなりワナワナと口を震わせた。
「み、みつけたの!?」
「うん」
スゥっと息を吸い込み、次の言葉をつむぐ…
「あのね…」


はずだった。




キィィィィ!



二人の間に入ってきたのは、耳をつんざくような音。
ちょうど、十字路のこの信号…なのは達からすれば関係のない、縦方向の信号が黄色のときだった。

一台の乗用車がなのはの方にスリップしながら突っ込んできたのだ。

濡れた路面が、笑っているようにさえ見えた。



そんな状況でも、やけになのはは冷静だった。
怯える顔の運転手がみえる。だけど、なぜか体だけは動かすことができない。



「なのは!」
耳に大好きな人の声が届き。






「私も、フェイトちゃんに指輪を…」

彼女の色を失った顔に微笑んだ。


強い衝撃を受けた後、見えたのは雨の落ちる空。自分の持っていた、白いその傘が赤く染まるのを最後に

暗い世界しか映らなくなった。












「なのは!」
フェイトはそう叫び、駆けだした。
今度は救わなきゃ。護れなかったこの前のようにはしたくない。
ただ、側にいてくれればいいんだ。
それだけで、私は救われている。

私は、欲張りだった。
記憶を取り戻させたいなんて…生きていてくれる、それだけでよかった。
でも、今度は…
イヤだ。なのはがいなくなるなんて嫌だ。



「私も…」


なのはがこちらを向く。



「フェイトちゃんに指輪を…」






笑いながら、彼女の身体は跳ね飛ばされた。






赤い血が、なのはとお揃いで買った白の傘に付着して…
薔薇のようにあざやかだった。

名前を呼ぶ声すらあげれなかった。

絶句と頭の中で出来事の否定が続いた。
こんな…こと、あるわけない…









***********************
染まる。
何色に?
君の血の色に。
傘が。




さすがにバレンタインにこの部分をあげるのもひけたので、一日ずらさせていただきましたーw
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*6 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● ちょ、ま!?
魔ぎゅなむ | URL | 2009/02/15(日) 22:00 [EDIT]
 吉野さぁぁぁぁぁん、あなた、なんばしよっとぉぉぉぉぉぉーっ!!!!!!!!!!!!!!!!?(エセ熊本弁、たぶん
 すいません、あまりにも唐突な内容だったので、少々理性のブレーキが吹っ飛んでしまいました(汗
 しかし、あまりの驚きに口がふさがらないです。
 この前はフェイトさんが亡くなって、今度はなのはさんか!? Happy ENDが読みたいよぉぉぉぉぉぉぉぉぉーっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(悲痛なる魂の咆吼
 まぁ、現在推敲中の「Foll」最終章は珍しく救いがないので、あんまり言えないのですが(汗
 それでは、これからも頑張ってください。応援しています。では、また。

水面の月 | URL | 2009/02/15(日) 23:18 [EDIT]
ま、まさかの展開に言葉が・・・
確かに甘くないです^^;

なのはさん、大丈夫ですよね?
奇跡的に一命を・・・・的な展開になって欲しいです><

次回も頑張ってください。
ではではー

キリル | URL | 2009/02/16(月) 13:58 [EDIT]
あ・・・あるぇー、これなんて死亡フラg(ry
い・・・いりょーはーん!
バレンタインのあとにこれはないっスよ(゜д゜;)

ダブルラリアット・・・吉野さんもはまったんですね、わかります!
● 管理人のみ閲覧できます
| | 2009/02/16(月) 19:37 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
● 管理人のみ閲覧できます
| | 2009/02/17(火) 06:33 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

吉野 | URL | 2009/02/19(木) 00:37 [EDIT]
>まぎゅなむ様♪
ちょwww九州弁じゃないですかwww
いきなり、方向転換するのが私のモットーです!(ぇ
確かに唐突過ぎましたがwwww
この前のでフェイトさん死んでるし…次はなのはさんっていう憶測もたてられますね(*´∀`*)
さて、今回はどうなる!ww
そうですよーwまぎゅなむさんも人の事いえないぞーwww

素敵コメントありがとうございました♪


>水面の月様♪
まさかの展開すぎましたよね><
しあわせは突然に去っていくものでry(殴
甘くなくてすいません(苦笑

なのはさんは…さてはて、大丈夫でしょうか??
乗用車が突っ込んでたら怪我の具合は…うんw・ω・

素敵コメントありがとうございました♪


>キリル様♪
いきなりの死亡フラグですwwさーせんww
いりょーはん!そして、衛生兵衛生兵!
バレンタインの甘いssを見た後の、コーヒーのような苦味ssですねwわかりますww

ダブルラリアット大好きですwルカねぇー!

素敵コメントありがとうございました♪


>な、ちょ、あ゛あぁあああ…様♪
フェイトさんの精神状態が…すごく不安ですねwww大丈夫かなwあの人wwww←

ちょwwロードローラーwwダブルラリアットじゃすまされないんすかwww
むしろ、ぺちゃんこにしてやるよとwwww

うち=死ネタ…
(゜Д゜;;)
すでにできあがってた!!!!!気づいてなかった!!!!
今までの3作品とも2人のどっちか死んでるやんwwwwあちゃー(*´∀`*)

今回のラストは…まだ言えませんねーwwww
もう少しお待ちくださいw(ペコ

素敵コメントありがとうございました♪


>ルファイト様♪
車の運転手wwwwよし、ルファイトさんに頭冷やされてこいww
そういえば、スリップで人を轢くと免許停止なんすかね?wwwちょっと、ググりますwww

このショックで効果無くなったら、ロストロギアもかわいそうですよねwwww

さて、badendなのかhappyendなのか!wすでに心は決まっておりますw


素敵コメントありがとうございました♪



TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 無実の始人. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。