FC2ブログ
無実の始人
百合ん百合んな小説サイトwメインはリリカルなのは  苦手な方は華麗にターン
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
あなたを探しに





もう一人の魔法使い






追記より、「あなたを探しに 11話」です♪









***********************
あなたを探しに 11話
***********************

ー遊園地に行った日から数日後。


「フェイトちゃん」
黒い制服をなびかせ、書類を抱えて歩くフェイトは関西弁で呼びとめられた。
そんな独特のしゃべり方をするのは、この本局の中では一人しか該当する人物がいない。左の髪にアギトいわく”大きいばってん”をつけた少女。

「あ、はや…」
ーベチンッ

振り向いた瞬間に、軽い張り手で頬をはたかれた。
大きく目を見開いて、はたいた方の彼女の目を少し潤んできた目で見つめる。
痛くはない、ビックリしただけ。誰だって、いきなり油断した相手にこうされたら驚くものだろう。

「ど、どうしたの!?私なんかした!?」
「フェイトちゃんのアホ!!」
「えぇ!?」
いきなりのことに全く頭がついていかない、ついていけるはずもない。
こうされた理由を探して口をパクパクさせるが、大きい理由は見つからず、小さい理由は多すぎてどれが当たりだかわからなかった。


「ホンマにわからへんの?」
ヤレヤレと額に手をあててため息をつかれ、さらに記憶の検索を早めるが、それよりも先にはやてから答えを言われた。
「こないだの遊園地のこと…ヴィータがなのはちゃんから聞いたらしくてな、うちもヴィータから教えてもらった」
「あ…」
となると、ヴィータから八神家全員にも大体のあらすじは伝わっているのだろう。


ヴィータがなのはに記憶を失くす前の自分達の関係を教えたのだから、事の顛末を聞く権利は大ありだ。
今回のことに限っては、はやて達に報告すべきだとヴィータは思ったのかもしれない。だからこうして情報が出回っている。
「ホンマ、フェイトちゃんもアホやないの…?好きなら自分の気持ちにウソつかへんでえぇのに」
「あ、あはは…」
髪をいじりながら、フェイトははやてから目線をそらす。

「なのはが普通の道に戻るいい機会だと思ったんだ…でも、今はもう大丈夫。なくした記憶の部分を埋め合わせられるように過去を教えていって、プラスでまた思い出を作っていけばいい」
と言っても、はやてにジト目で見られるところから、疑ってかかられているのだろう。
こないだなのはへの気持ちに嘘をついたばかりなのだし、そう思われて仕方ない…かな。



しばらくじーっと見つめられ、こっちもタジタジになっていると、フッとはやての目がいつものおっとりした目に戻った。
「いつもフェイトちゃんはそうや…自分の気持ちを後回しにしたつもりで、実はわがまま。相手に自分が理想としてる道を歩んでいってもらいたいんや」
実のところをつかれて、フェイトは口ごもってしまう。
だってはやてのいう通りだ。
なのはにこうあって欲しいって、「なのはのために」っていいながら、結局は自分の理想に沿わせるようにしていた。

「そう…かもしれない」
「だから、なのはちゃんにあんなこと言った事と、わがままなフェイトちゃんへお仕置きのつもりではたいたんや」
叱られているくせに、フェイトは思わず頬が上がる。
こうして心配してくれる友達にありがとうという気持ちと、子供っぽい彼女を叱り方に気恥しさを感じて。

「うちは、なのはちゃんの親友や。でもフェイトちゃんの親友でもある。フェイトちゃんの気持ちをわからんでもないからな…せやから、軽くビンタでおしまい」
”お手上げ”と同じように両手をあげ、カラっとすがすがしく笑う。

「はやてはさ…」
「ん?」
「日本にいた時、自分の結婚したい人が女の子だったらどうしてた?」
低い声でうなりながら、腕組みまでして考えだすはやて。
でも、案外その腕は早く解かれて、
「法律改正でもして一緒になるか…、結婚って形にとらわれなくてもずっと一緒におれたらそれでえぇよ」
前半の答えはとてもはやてらしい。無茶苦茶なやり方というかなんというか…ホント彼女らしくて笑えてしまう。

後半は…
「私も、そう…思うかな?」
「ということはつまり、一緒にいるだけなら、なのはちゃんがどういう形でそばにいようと構わなかった…男の人を歩んでいた方がなのはちゃんが周りの目に怯えないで生きていける。こないだの発言はそうことやろ?」
「…たぶん」
ちゃんと理解してくれる友達は、どこまでも自分を…自分以上に知っていそうで時々怖くなる。
頼もしいことに変わりはないのだが…
「だから、フェイトちゃんはアホなんや」
自分より身長の低いはやてに、軽くチョップをいれられる。フェイトの高さに合うようにじゃっかん背伸びをしていた。


「うちの言った意味は、どんな形でもいいから一緒にいたい…じゃなくて、恋人として一緒にいたいや。そこだけは絶対間違えたらあかん」
そういうと、チョップしていた手がそのまま平手になり、フェイトの金の髪をなでた。
急に暖かくなった頭上に、心と眼尻が緩まってしまう。
「フェイトちゃん…絶対になのはちゃんは逃がしちゃダメや。一緒にいたいなら、どんだけ自分がカッコ悪くなっても側にいてあげてな。これはなのはちゃんの親友からのお願い」
コクンと何も言わずに頷くだけで返事をする。

「それで、フェイトちゃんはもっと楽に生きること。考えすぎて、勝手に人の幸せを決めつけたらあかん。つまり、フェイトちゃんがなのはちゃんのことを好きなら、好きなだけ側にいてあげたりっていうこと。これが、フェイトちゃんの親友としてのお願いや」
「な?」と笑って、はやての手はフェイトの頭から離れた。
なんだか魔法にかけられたようだった。必ずこの約束は守らなくちゃいけない、そんな風に感じるような魔法。


「じゃぁ、うちはそろそろ仕事戻るから。またな、フェイトちゃん」
そういって、元来た道を帰って行く本局特別捜査官。
その後ろ姿を見送ってから、自分がさよならを言ってないことにきがついた。
そんなくらいフェイトは呆けていたのだ。




どうやら、同級生たちは私に形のない魔法をかけるのがうまいみたいです。
ね、なのは、はやて。









****************
決してフェイはやではありませんっ
友情ですので(*´∀`*)
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*5 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 師匠ぉぉぉーっ!!!!!!!!!
魔ぎゅなむ | URL | 2009/01/04(日) 17:23 [EDIT]
 Q:↑(コメタイ)の後に続く言葉はなんでしょう?
 A:さすがは我らがちび狸。フェイトさんとなのはさんをこれからも支えてやってください!!!!!
 B:Oh,ベイベー!!! 私の心はオープン二十四時間!!! 悩みがあるなら、話してみろ。心開けば、体も開く、悩みは万事解決だ(長
 ちなみに、正解者には抽選で……なにもありません(ちょ
 まぁ、ネタはここまでにして。
 さて、ここまでは順調な感じですが……果たしてこのまま順調な展開で行けるのやら(不安顔
 まぁ、どういう展開になろうが、最後までよませていただきますね。
 それでは、これからも頑張ってください。応援しています。では、また。
 P.S.Bの答えがなんなのかわからない場合はコピぺして検索すれば、たぶんでると思います。たぶんね。

吉野 | URL | 2009/01/06(火) 21:57 [EDIT]
つづくのは…Aだ!←単にBを知らなかっただけwwwww
え?正解??やったぁ!!あ、わかりました、ご褒美で私のレポートを代わりにやっていただけるんですね(*´∀`*)ヒャホヒャホ
Bの元ネタみつかりませんでしたー><よかったら、今度教えてください☆
ふ、不安にならないでー!(汗  とはいっても、このまま順調にいく…とは自分も思ってないから当たり前の反応だと←
ぜひ、最後まで読んでやってください><応援ありがとうございます!!!
そして、リアルに私の代わりにテストをry(殴

素敵コメントありがとうございました~♪

水面の月 | URL | 2009/01/06(火) 22:20 [EDIT]
はやてさん、Good Jobです^^
フェイトさんは言い過ぎるくらい言っておかないと自分に素直になってくれなさそうなので、この位してちょうど良い気がします。

でも「法律改正・・・」は、あまりにはやてさんらしくて思わず笑ってしまいましたw
次回も楽しみにしてます。
ではではー

キリル | URL | 2009/01/07(水) 21:00 [EDIT]
女性同士の友情は最強だ・・・って誰かが言ってた!(待て
女性同士の恋は無敵デスケドネ!


はてさて、彼女達(特にフェイトさん)の願いは叶うだろうか・・・(汗

吉野 | URL | 2009/01/07(水) 21:31 [EDIT]
>水面の月様♪
退院おめでとうございます><遅くなってすいません(汗
というか、ここでいうことでなくて重ねてすいませんんんんんんん!!(土下座

フェイトさんはとにかく難しく考えすぎなんですよねw
はやてはその辺ちゃんとわかってるたぬry

はやてさんならいろいろとやりかねないですよねwww
「法改正のためなら、市長でも総理大臣にでもなったるわっ」
って言ってそうwwww
次も頑張りますっ!

素敵コメントありがとうございましたー♪


>キリル様♪
女の子同士の友情は最強だ!!
誰かがすごく気になりますwwww

百合は無敵ですよね(*´∀`*)もう、ガンダムだとか、マフィアだとか、世界中の国々だとか、テニスとかにも負けませんよね←

不安がらなくても大丈夫…だといいなっwwwww

素敵コメントありがとうございましたー♪

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 無実の始人. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。