FC2ブログ
無実の始人
百合ん百合んな小説サイトwメインはリリカルなのは  苦手な方は華麗にターン
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/12/17(水)   CATEGORY: 短編なのフェ
高町ヴィヴィオハートフル劇場
短編です!
ちょっとジーンとくる系なものが作りたくなってやってしまいましたwwww
16歳になったヴィヴィオがなのはさんから独立したという感じのお話です^^
一人暮らしをしてる方のお話になります(*´∀`*)

では追記からどぞー♪




高町ヴィヴィオ16歳。

今日この日、私は一人暮らしをし始めてから9か月が経ちます。
昔からなのはママはお仕事が忙しいし、あんまり家にいなくて、料理とか一般家事はアイナさんに一通り習っていたので今の暮らしに不自由はないです。
むしろ今なら、なのはママよりおいしく作れちゃう料理だってあるんだと自負していたり。

大きくなってからはアイナさんも家にくることがなくなって、一人暮らし同然だった高町家。
そんな家から、私が本局勤めになって仕事場の関係から引っ越してきた、このアパート。どちらかというと、今までより都会に住んでいます。星が少しくすんでいるのが残念。

なのはママは、私が寂しくなっていないかが心配らしく…夜などお互いのお仕事があいたときにはよく電話もかけてきてくれるので、密かに励みになっていたり。
私が引っ越す直前の日々は、

「普段からやってるから大丈夫だよね、ヴィヴィオは」

と笑っていたけど、ママは今元気にやっていますか?

今年の夏、帰省が終わって戻るとき、電車のホームで、
「元気でね」
と泣きながらママは言っていたよね。
今の三提督の一角を担っているとは思えないくらい、普通の母親だったと思いました。
大丈夫だよ、といってもなかなか泣きやまないママだったけど、電車に乗って窓の外をみると泣きながら笑顔で手を振っていて…
大袈裟だなーなんて、嬉しく苦笑いしながら私も手を振り返した。




心配や寂しさなんて、実は子供よりも親の方が強く感じていたり







さて、今年ももうすぐ終わり、新しい年がくる。
私も年越しは実家で過ごすつもりだ。
お仕事でなかなかママに会いに行ったり、実家に帰れないけど…
元気な姿で帰る
そんな親孝行をしようと思う。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 管理人のみ閲覧できます
| | 2008/12/18(木) 02:30 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

吉野 | URL | 2008/12/24(水) 23:15 [EDIT]
ほぼ2日に一回会ってるから、なんかいっかと思って遅くなってしまった^^すまーんw←
あ、リヒテンシュタイン可愛いかったwでも、とてもイギリスに萌えたwwwww
え?もっと長く?めんどくry
善処しますっw

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 無実の始人. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。